桟敷ヶ岳

桟敷ヶ岳 3月15日(日) 晴/曇
雲ケ畑街道?林道を入れる地点までと進む。沢に架かる橋の先は狭く傾斜も増し、更に杉の伐採作業中(日曜日で作業休)丁度Uターン可能で下車。
作業車で道路はグシャグシャ、水溜りは今朝の寒さでうっすら氷。林道終点の杉の陰に小さな祖父谷峠へのプレート。自然林に変わり、青空がイッパイ。ナベクロ峠からは京都北山の山々が広がる。一旦小さく下がって登り返して桟敷ヶ岳。眺望きかない山頂を少し下ると「都ながめの石」樹木の先に京都の街が遠望できた。標識はほとんど無く、しっかりと地図読み(危険箇所は無かった)して岩茸山、薬師峠、志明院へ下山。惟喬神社では下山報告して大岩に移動して東海自然歩道を夜泣峠。
(幼少の惟喬親王が乳母に抱かれて、夜泣きされたため峠にあったお地蔵に願をかけたと今に伝わる)
帰路上賀茂神社、深泥池に立ち寄り快適な宇多野ユースホステルに投宿した。Inoue

ユース8:00岩屋橋、林道終了点8:49~56祖父谷峠入口9:36~42祖父谷峠9:54~59ナベクロ峠10:20桟敷ヶ岳10:50~11:05岩茸山11:38~43鞍部670m(風下)12:05~32薬師峠12:53~58志明院下13:27~40惟喬神社13:46~59大岩14:21夜泣峠15:07~15二ノ瀬15:46上賀茂神社15:55~25深泥池16:30~35宇多野ユースホステル17:05夕食18:30

前の記事

広沢寺弁天岩